教会外観
どんな教会?
越生教会は、春は鶯がさえずり、梅や桜の花が咲き、夏は紫陽花、秋は紅葉に山が色づく……そんな自然に囲まれた教会です。 敷地内に越生みどり幼稚園があるため、平日は子どもたちの笑い声がこだましています。

越生教会の歴史は第二次世界大戦後までさかのぼります。 戦後一人の信徒が子どもたちを集め、教会学校をはじめたことがきっかけで、やがて教会が立ち上がりました。 それから60年が経ち、2016年には江田めぐみ牧師が主任牧師に就任しました。日曜日の主日礼拝には神様の前に集い、神様の前に心を静め己を見つめ直し、一週間それぞれの場所に遣わされていきます。

聖書を誤りなき神の言葉と信じ、十字架による救いの信仰に立ち、神の愛に生かされた家族であり共同体である教会を目指しています。

どんな牧師?
江田めぐみ牧師
東京神学大学大学院修了後、日本基督教団三芳教会に赴任。
2015年4月より担任教師として越生教会に赴任。2016年4月より主任として奉仕しています。
以前、幼児教育の仕事に携わっていたので、歌うこと、パイプオルガン演奏をすることが大好きです。
新しいことにも果敢に挑戦する元気で温かい先生です。二人の独立した子どもと孫一人を持つ母でもあります。
牧師からみなさんへのメッセージ
緑の山の中に、赤い屋根と大きな十字架をシンボルとして建てられている越生教会。春には鶯がさえずり、近くを流れる小川のせせらぎの音、また、一年を通して四季折々の花や木々が私たちの目を楽しませてくれるこの地。
この大自然の中、全能の神の息吹を感じられる越生教会。まだ神の愛を知らない人々を、神は招いてくださっています。
「神は愛なり」キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、…神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。(聖書:エフェソ3:18-19)
神は、私たちを愛しておられる「天の御父」です。すべての人の救いを望んでおられる方です。
人間は完全ではないので、一生懸命にやっていても、間違ってしまうことがあります。けれども、神は、行いの結果よりも、あなたの心を見ておられます。
神はあなたを愛し、あなたの心に呼びかけておられますから、寛大に応えてください。
毎週日曜日午前9時から子ども教会学校、午前10時半から礼拝を行っています。礼拝はどなたでも自由に出席できます。