近況報告

越生通信ー2018年4月

■近況報告

○越生教会の研修会は、2018年3月11日に行われました。今回の研修会は、本庄教会の疋田國磨呂牧師を講師としてお迎えし、「ディボーション(御言葉の傾聴)を身につける」(豊かに実を結ぶ信仰者としての歩むために)講義と実践の分かち合いから、学ぶことができました。聖書の中に書かれている出来事や心理が、現在の自分の生活の中で、どんな意味をもっているかを、読んだ聖書の御言葉から探し(聴く)のです。そして心に一番残った御言葉を書き記し、そこで教えられたこと、悟らされたことがあったら記します。日々の生活の中で、御言葉の傾聴の備えは、神さまと向き合うために、1.静かな時間2.静かな場所3.静かな心を準備し、信徒一人ひとりが主の弟子としての自覚をもって応答してください。見いだした心理、悟った恵み、示された教え、指摘された罪などを感謝し、祈りつつ自分の状況や生活に適用し応答するのです。このディボーションを通して、より聖書の御言葉を通して、日々の生活に潤いがまし加わったことに感謝です。

ディボーションの礼拝説教
愛餐会(花見をしながら頂いた昼食)

 

 

 

 

 

■4月1日(日)イースター礼拝を行いました。愛餐会は外の青空のもと、桜の花が満開の中、びわの木の木陰で心地よいそよ風に吹かれながら、オープンサンドイッチを頂きました。越生教会の周りでは、うぐいすの声や、小鳥のさえずりのもとで説教をできることは、神の恵みと喜びを感じます。


―自分に影響を与えた人―

″今でも父母に感謝″ 石黒康忠

現在満77歳の小生が感謝をもって、主日礼拝を守ることができ神の摂理に生かされていることに信仰の確かさを覚えます。

思えば幼児期病弱で過ごし、家族、親族の支えに守られて今日を迎えることができて居ります。なにしろ小生が初孫で親族からも大事にされましたが、生まれてすぐに肋膜炎にかかり、合わせて現在でいう皮膚炎(アトピー)で包帯を常に身につけていたとのことでした。

学童期を迎えた頃、病弱であった小生の将来を考えて私学一貫校を選んで入学できました。但し、本人は余り病弱とは感じておらず近所の悪童共に遊びに夢中で自然と元気をつけていま した。ところで普段余り親子の会話もなく、気がつくとなんと忙しい仕事に携わっている父親としか思っていませんでしたが、父は若い頃から努力家で仕事その他語学(英語)、運動〈野球、スケート、社交ダンス〉又、麻雀、パチンコと全てに於いて一流と思えました。小生は全てに於いて父親の後姿を見ていたようです。しかし、どれ一つとして父を越える力量はなく、その父も70歳で亡くなりました。

いまペンを取って気がつきました。小生の念願であった父を越えることが現在叶っていたのです。それは小生が父母より長生き出来ていることです。これまで何事に於いても叱ることのない父であっただけに小生にとっては最も怖い存在でした。しかし父母を想い、その先に主イエス・キリストを見出すことができました。それだけに、他人に迷惑をかけず自分に厳しくする気力を身につけることができました。平安!


■コラム

信仰とは望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確信することです。(ヘブル11・1)

目標とはものごとが将来のある時点でどうなることを私たちが望むかという表明することです。また、私たちがこのようにしたい、あるいはこのように行いたいと思っていることの公約であり、予想であります。目標とは望んでいる事柄を確信し、まだ実現していない夢を信じることです。目標は私たちが人生を形造ることにあたって大切な役割を持っています。

私たちは、新年によく「一年の目標」を立てますが、それを一年間守ることは難しいのではないでしょうか。三日坊主に終わるかもしれません。けれども、目標を掲げ、計画し、何かを始めることをしなければ、目標に到着することはできません。目標が私たちの心構えを与えてくれます。けれども、目標を持つことをしない人もいるかも知れません。しかし、その人の目標は常にその人を造ることになります。実際、一度目標が決まると私たちは、目標に向かって進むことに必要なエネルギーを一心に集めることをします。人はだれでも、自分の立てた目標以上の人になることは難しいのです。素晴らしい目標を立て、人生を素晴らしく生きたいものです。あなたの目標が、あなたと言う人をつくるのです。大きな目標を立てるよりも、小さくても目標を一つずつ達成することが自信を生むことができるのです。目標は具体的であればあるほど、「やる気」が出るのです。ですから、ほどほどに難しく、達成可能になるような、目標からはじめましょう。目標は高すぎても、「やる気」を失わせてしまいます。達成可能な目標を設定することによって、私たちは意欲を燃やされ、仕事に人生に大きな満足と喜びを味わうのです。

佐藤 彰子