近況報告

越生通信 1月

20191/1()元旦礼拝を行いました。この日はお天気にも恵まれました。このお天気のように穏やかな一年であって欲しいと願いました。今年は亥(いのしし)年、その意味は、戌年でたわわに実った果物が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備とするという意味の年です。また、動物のイメージから、万病を予防するという意味もあります。これは、猪の肉に万病予防の効能があると信じられているところからこのように言われております。そして、猪の猪突猛進な性質から、勇気と冒険の象徴ともされています。さて、皆さん今年は、どんな年にしたいですか。

元旦の風景
越生教会外観風景12/31

12/22()越生教会のクリスマス・イヴ、キャンドルの火を灯して礼拝を守りました。

二部の祝会は、〈童謡を歌う会〉の皆さんと一緒に、懐かしい童謡を聴き、また、輪唱(Do na nobis pacem pacem)やクリスマスソングを歌いました。会場いっぱいに皆さんの歌が響きとても素敵なクリスマス・イヴを守ることができました。〈童謡の会〉の方たちは高齢者の方たちでありましたが、歌っている声はとても若々しくきれいな声で、顔は皆さん輝いていました。 

クリスマス・イヴ説教をする牧師
クリスマス・イヴ礼拝キャンドルサービス

祈り(12月号の続き)

M・A

それから後、「今日の具合はどう?」と声をかけると、「私、死ぬのはちっとも怖くないの」と、突然言い始めた。覚悟を決めたのだなあと感じた。人は死を前にして何を想うのだろうか。孤独の姉は寂しそうだった。弱音を吐かなかなかった姉が、「子ども達が沢山いて、あなたは幸せね……」と言った。

そんな会話をするようになってのある日のこと。その日は私が見舞う当番だった。眠っている姉の側で、私は賛美歌を歌った。終末が近づいているのを察した。私は、目覚めた姉に向かって「牧師さんに来て、祈ってもらいましょうか」と声をかけた。姉は「呼んでください。と言った。そして姉は、病床で洗礼を受けた。その翌日から意識は薄れ、四日目に亡くなった。納棺の時の身体は、まるで抜け殻だった。姉の魂はもうここには無いと、私にはそう見えた。姉の闘病は一年だった。人は、この世を去る時、持っているものを全て置いていかなければならない。それに気づくのは、死を前にした時なのだろう。話は、変わって、今日、シリアで拘束されていた、フリージャーナリストの安田純平さんが、無事解放されたニュースが入った。彼は何度、死を前にしただろう。私たちは、他の国が伝えるニュースを鵜呑みにしてよいのだろうか。真実を知らせる仕事は、いつの時代でも命懸けだ。そんな仕事をしている彼を見て、人々は勝手なことを言う。彼の母親は、何も出来ない身と知りつつも、息子の無事を祈る。その事しかできなかったと。その思いを手に込めて毎晩のように、折鶴を折っていたと話されていた。

「最上のわざ」の詩の中に、「手は何もできない。けれども最後まで合掌できる。愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために」とある。神は、最後に一番よい仕事を残してくださる。それは祈りだ。祈ってもダメなこともあるだろう。全てがうまく行くわけではない。でも、祈る時、今まで見えなかったものが見えてくる。それは心の目だ。その心の目が気づかせてくれる。自分も罪人の一人だと。正しい人はいない。一度も嘘をつかなった人。一度も、他人に嫌な思いをさせなかった人などいない。自分の心も汚れている。それでも祈ろう。

おのれの十字架を、共に背負ってくださるお方がいるのだから……。


―無くてならぬものは多くはないー

「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけてくださるからです。(ペトロ一5・7)。

自分に与えられた責任を果たす時間がないと思う時は、もともと神が与えられていない責任を引き受けているか、それとも与えられた時間をうまく使っていないかのいずれではないかと考えなければいけないのです。

「もともと神が与えておられない責任」それは、本来、自分がしなくてもよい仕事を、大事に抱え込んでしまうことが誰でもあるのではないでしょうか。仕事も権限も、委譲できるのにそれをしないで忙しくしているのではないでしょうか。忙しくしてどうしようもないということは、人生の価値判断の基準ができていないために右往左往しているのです。

ルカ10章38~42節に、マルタとマリアのお話しが記されています。その中で、イエスがこの姉妹の家に来られた時、マリアはイエスの話に聞き入っていて、マルタは「接待のことで忙しく心を取り乱していた」のです。心を取り乱すということは乱心するということです。心が錯乱して本当の自分を見失ってしまったのです。接待をすることは良いことですが、良いことをしながら。忙しくて自分を見失ってしまう、ここに忙しさの問題があります。このような状態では、喜ぶべきことが喜べなくなり、感謝すべきことが感謝できなくなるのです。マルタは自分だけが台所の仕事をして、イエスの接待をしていることが、なんだか貧乏くじを引いたみたいに感じられたのです。その時イエスは「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである」と言われたのでした。これは多忙の中であくせくしている私たちの病巣をつく言葉です。多忙とはあまりにも多くのことに心を配って思い煩っていることですから、それは無くても良いことです。

本当に無くてはならぬものは多くはないことを、マルタとマリアのお話しから聞きましょう。

越生町童謡を歌う会の皆さん
輪唱を指導する牧師
クリスマス 愛餐会
江田 めぐみ