近況報告

越生通信3月

■2019年3月31日をもって、江田めぐみ牧師は、この越生教会を辞任することになりました。これまでに、担任で1年、主任で3年間この教会で遣わされたことを感謝いたします。越生教会で様々な方たちと接することができました。この4年間過ごした教会生活の中には、数多くの思い出ができました。

山の上にある教会は、神様の創ってくださった大自然に囲まれていて、四季折々多くの恵みを頂くことができました。特に講壇のお花を毎週活けてくださるO姉の素晴らしい感性を生かしたお花は、説教をしている時にいつも励まされました。また、異常気象が続く中で、食べ物のない動物たちが山から下りてきて、特に狸の親子と思われる3匹が肩を寄せ合って牧師館の前の土手で、太陽の光を浴びて日向ぼっこをしている姿がとても微笑ましい姿であったことは、印象深く写真に残っています。

また、越生教会恒例の秋の音楽会には、ドラムサークルやジャズコンサート、チェロ&マリンバと色々なジャンルで音楽を地域の方々にお届けできたことは喜びでした。しかし、その方たちが教会礼拝に繋がらないことは、伝道の難しさを感じました。

教会に隣接するみどり幼稚園との交流は一度以前に断絶していたことから、クリスチャンの園長になってから、花の日の礼拝やクリスマス礼拝を教会で持てるようになったことは感謝です。でも、土曜学校やCSにはつながらず、まだまだ種まきが必要です。越生教会は、高齢者中心でありますので、色々なところで限界があり、それでも皆さんの持っている賜物を生かし活動の出来る方がするという形を取ってきましたが、人数が少ないので限界があるので、これからそれをどのようにするかが課題だと思います。


■伝道する喜び 江田めぐみ

草は枯れ、花はしぼむが わたしたちの神のことばはとこしえに立つ。(イザヤ40:8)

K宅から送られたリードオルガン

以前、講壇交換で東松山教会へ行った時に、とても不思議な出会いがありました。講壇交換後の愛餐会でKさんから、私の父が武蔵豊岡教会の牧師の時、東松山のK宅の家庭集会に呼ばれ、父が賛美歌270番の〈信仰こそ旅路を〉を歌ったこと、そして、その歌がKさんの愛唱歌になっていることをお聞きしました。その頃はまだ東松山教会がなく、K宅で開かれていた家庭集会から、Kさんのお父さんが、土地を寄付して東松山教会が建てられました。Kさんは、高齢になり、断捨離をしている所で、私に今、家にあるリードオルガンを必要とする教会を探して欲しいとの依頼を受け、それから知り合いの教会や、学校等にお声がけするが、なかなか見つけることはできませんでした。ところが、不思議なことに、また、私が次の講壇交換に訪れた小川教会にそのオルガンがあるとの連絡をKさんから頂き、丁度訪れた教会で、そのオルガンを目にすることができました。愛餐会後に、そのオルガンを弾くことができ、とても素晴らしい音色に心が安らぎました。後日、Kさんと電話でオルガンのことを通してまた、Kさん宅の家庭集会から始まった父との出会いや伝道のことについて語り合える一時を持てたことは、感謝でした。私たちの出会いは、主イエス・キリストを通して、神のみ言葉から多くの恵みを頂くことができるのです。この喜びを多くの人々に伝えてまいりましょう。

礼拝風景
旧友と共に記念写真

■ 私が3月にこの教会を辞任することを聞きつけ、2/24(日)高校時代の旧友3人が越生教会の礼拝に出席して、50年ぶりの再会をすることができ、Oさんは、久しぶりの聖書、賛美歌に学生時代を思い出し、懐かしさで、心が震えたとのこと。昔にタイムスリップして、楽しい会話をし、時間を忘れて懐かしい話に花を咲かせました。


幼子のように

 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国で一番偉いのでしょうか」と言った。(マタイ18:1)。

ある日一人の弟子が、キリストに、「天の国では誰が一番偉いのか」と質問しました。するとキリストは、幼子を呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることができない」と言ったのです。キリストの言われることは他の人の言うことと大変違っていました。普通の人であったら、子供たちに、成功した大人を指して、大きくなったらあの人のようになりなさいということでしょうが、しかし、キリストは何故そのように言われなかったのでしょうか。

弟子たちは、キリストに服従して立派な働きをすることにより、神の国で高い地位を得たいと願っていたことでしょう。けれども、キリストが示そうとなさったのは、子供たちには地位にあこがれる性質がないということでした。小さい子供たちは、人種的、経済的、宗教的背景などが違っていても、それにこだわることなく平気で遊びます。そんなことを気にするようになるのは、大人になってからです。人間は他人よりも自分の方が知的で才能があり、金持ちで力があると思いたいのです。このような心では、神さまを中心に生きる天国にたとえ行ったとしても、心が満たされることはなく決して幸福ではありません。この意味で、私たちは、小さい子供のように謙虚な心を持たなければいけないのです。

信仰とは信じて仰ぐと書きます。仰ぐとは上を向くことです。天を仰ぎ胸に手をあてて大空を見上げると誰でもしおらしい気持ちになるのです。小さな子供がいつも大人を見上げているように、自分が謙遜になって、神さまを信じますと言うことが大切です。ですから、大人はこのような意味で幼子のようにならなければ天の国に入ることはできないのです。私たちも幼子のような素直な気持ちを持ち、いつも謙遜な心を持ちたいものです。


■〈お礼〉

これまでに、越生通信をご愛読いただきまして、ありがとうございました。第36号をもって終了いたします。皆さまの上に主の豊かな恵みと導きがありますよう、心からお祈りいたします。

江田 めぐみ