近況報告

牧師交代のご挨拶

「神は愛なり。」(ヨハネ第一の手紙4章8節 文語訳聖書)

わたしは、2020年4月に越生教会に主任担任教師として、着任いたしました。越生教会から招聘されたとき、「『神は愛なり』との福音を宣べ伝える教会」これが越生教会の教会形成の指針だと言われました。

わたしは豊島区にある日本基督教団武蔵野教会で、1978年に洗礼を受け、それ以来ずっと武蔵野教会に籍を置き、3代にわたる牧師たちに育てていただきました。洗礼を授けて下さった熊野義孝牧師が常日頃おっしゃっていたみ言葉が、「信仰、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」(コリントの信徒への手紙一13章の13節)でしたので、この招聘がこの2つのみ言葉に導かれて進んでいるように感じました。

この越生教会は、たくさんの伝道者たちと信徒たちの手で、信仰のバトンが受け継がれてきて、この越生の町にとっても大事な存在であることが、教会の歴史を読むと感じられます。そして昨年は代務の山岡創牧師はじめ、多くの先生方が、無牧の一年間の礼拝を担ってくださいました。

わたしが赴任して、すぐコロナのために礼拝を休止する事態となりましたが、この地に越生教会をお建てになった神様のみこころは変わらず確固としたものです。それが「神は愛なり」だと思います。

このような時だからこそ、神を愛し、互いに愛し合うことをわたしたち一人一人が祈り求め、神の愛を信じて、苦難の中で不安におびえる周りの方々のために祈る教会として、この地で働いていきたいと思います。

6月21日から、毎週日曜日の10時半に礼拝をささげています。まだ一度も教会に来たことのない方でも、来ていただけたら本当に嬉しいです。

越生教会 伝道師 佐藤彰子

paster